美味しいスムージーを飲んで楽しくスムージーダイエットを成功させよう!

美味しいスムージー.com

スムージーのレシピ

ほうれん草を使ったスムージーのアレンジレシピ3選

更新日:

スムージーに入れる野菜と言えば、代表的なのがほうれん草

ほうれん草には栄養が豊富に含まれており、ダイエットだけではなく美容にも最適な野菜です。

今回は、そんな万能野菜ほうれん草を使ったスムージーのアレンジレシピをピックアップしていきたいと思います。

ほうれん草と一口に言っても組み合わせによって色々な味が楽しめるので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

ほうれん草にはどんな栄養素が含まれていてどんな効果があるの?

緑黄色野菜の代表として親しまれているほうれん草

ビタミンC、B1、B2などのビタミンを中心に、鉄分やミネラル、βカロテンなどが豊富に含まれています。

豊富な栄養素でダイエットに適している他、美肌効果のあるビタミンが豊富に含まれているため、美容にも最適な野菜なのです!

 

特に冬のほうれん草がおすすめ

ほうれん草と言えば、スーパーでは年間を通して安価な価格で購入できるのも嬉しいポイントですよね。

季節を気にせず購入できる野菜としてお馴染みですが、実はほうれん草の旬は11月~2月にかけての冬の季節だということはご存知でしたか?

しかも冬のほうれん草は、他の季節のほうれん草に比べてかなり高い栄養素を含んでいるのです!

ちなみに、夏のほうれん草と比べるとビタミンの量は約3倍

そのため、冬のほうれん草の方が甘味が濃く、美味しく食べられるわけです。

冬の季節はぜひ進んでほうれん草のスムージーを作ってみてくださいね♪

それではさっそく、ほうれん草を使ったスムージーのアレンジレシピを紹介していきます!

 

アレンジレシピ①ほうれん草とバナナのグリーンスムージー

スムージーの定番、ほうれん草とバナナを使ったグリーンスムージーのレシピです。

牛乳やはちみつを使う事で、甘く美味しく食べられるのがポイント。

朝食におすすめです。

材料

冷凍バナナ…1本
ほうれん草…50g
牛乳…100cc
はちみつ…お好みで

 

作り方

①バナナは、皮を剥いてからラップに包み軽く冷凍しておきます。
②冷凍したバナナとほうれん草を一口大に切ります。
③ミキサーに材料をすべて入れ混ぜていきます。
④スムージー状に混ざったらグラスに注いで出来上がり。

 

アレンジレシピ②ほうれん草とパインのさっぱりスムージー

夏~秋に向けておすすめのほうれん草とパイナップルを使ったさっぱりスムージー。

パイナップルの甘酸っぱさがポイントで、さっぱり飲むことができます。

甘くしたいときは、バナナや冷凍マンゴーを入れてみるといいかも。

材料

パイナップル…100g
ほうれん草…50g
水…50~100cc(飲みづらい場合は豆乳か牛乳でもOK)

 

作り方

①パイナップルとほうれん草を一口大に切ります。
②ミキサーに水分の多い材料から入れ、30秒~1分前後混ぜます。
③ミキサーが回りにくい場合は少しずつ水を加えましょう。
④スムージー状になったらグラスに注いで出来上がり。

 

アレンジレシピ③ほうれん草とキウイのつぶつぶスムージー

ほうれん草とキウイを使った酸味のあるスムージー。

つぶつぶ食感で飲みごたえは抜群です。

ビタミンもたっぷりで美容効果も期待できます。

 

材料

キウイ…2つ
ほうれん草…50g
水または豆乳…300~350ml
はちみつ…お好みで

 

作り方

①キウイは皮を剥き、ほうれん草と共に一口大に切ります。
②ミキサーに材料を入れスイッチを押して混ぜます。
③なめらかなスムージー状になったらグラスに注いで出来上がり。

 

まとめ

今回は、ほうれん草を使ったスムージーのアレンジレシピを3つ紹介していきました。

定番の果物を組み合わせたものから、いつもとは少し違った果物を組み合わせたものまで、どのスムージーもダイエットや美容に効果的です。

ぜひスムージーダイエットの参考にしてくださいね。

-スムージーのレシピ
-, , , , , ,

Copyright© 美味しいスムージー.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.