スムージーの情報を発信しています!美味しいスムージーを飲んで楽しくスムージーダイエットを成功させよう!

スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ

スムージーダイエット

スムージーが“まずい”と感じる原因は?5つの改善策で楽しくダイエット!

投稿日:

ビタミンや食物繊維など、豊富な栄養素が摂取できてダイエットに最適だとされているスムージーダイエット

スムージーは手作りが一番良いとされていますが、中には「まずい…」「味が苦手…」だと感じ、なかなかスムーズにダイエットが行えない方も多いようです。

スムージーの味がまずい…と感じた方は、作り方や飲み方を変えることで改善することができます。

まずいと感じてしまう原因や改善策を知って、ダイエットを楽しく行っていきましょう!

 

「スムージーがまずい」と感じる原因は“材料”にあった?

スムージーがまずいと感じてしまう原因は、十中八九“材料”にあります。

 

原因その①葉野菜が多い

葉野菜を多めに入れた方がダイエットには効果的なのは確かです。

しかし、身体に良いばかりを取り入れよう!と考える一心で葉野菜を多めに入れてしまうと、甘味が足りなくなり苦くなってしまうことがあります。

 

原因その②水の分量が少ない

水の分量が少なすぎても、スムージーが美味しくできないことがあります。

水が少なすぎると食感がドロドロしすぎて飲みにくくなってしまいます。

 

原因その③材料の選択ミス

ほうれん草や小松菜など定番の材料を使っている分には美味しく飲めるケースが多いのですが、スムージーの手作りに慣れてくると、定番ではなくクセの強い野菜を使おうとする方が増えてきます。

例えば、セロリや春菊などの野菜です。

このようなクセの強い野菜は、少し入れるだけでも味が極端に変わるので、分量によってまずくなってしまうことがあります。

 

作り方・飲み方を変えて美味しいスムージーを作る方法

スムージーがまずいと感じたら、下記の改善策を行ってみてください!

 

改善策①水を追加して様子を見ながら作る

水の量が少なすぎると、ドロドロした食感であまり美味しいスムージーができません。

一度味見をしてみてイマイチだと感じたら、水を少しずつ追加していきながら様子を見て見ると良いですよ♪

 

改善策②牛乳や豆乳などを入れる

本来、ダイエットを行うためのスムージーは水で割るのが基本なのですが、どうしても味が苦手で継続が難しい…と感じた場合は、牛乳や豆乳などで割ってみるのもひとつの策です。

慣れてきたら徐々に牛乳や豆乳の分量を減らしていき、最終的には水で割るようにすると良いでしょう。

 

改善策③果物を多めに入れる

牛乳や豆乳だけではなく、果物を多めに入れてみるのも良いかもしれません。

最初のうちは、野菜1:果物2など、少し果物を多めに入れて調整してみましょう。

果物にはビタミンがたっぷり含まれているので、美容効果も期待することができますよ。

 

改善策④少し氷を入れる

スムージーがまずいと感じるのは、温度によるものなのかもしれません。

常温の野菜や果物を使うとどうしてもぬるいスムージーができてしまい、あまり美味しくありません。

本来冷たいスムージーは胃を冷やしてダイエット効果を低めてしまうので避けた方が良いのが事実ですが、少し氷を入れて様子を見てみるのもひとつの策です。

飲む際に、口の中に少し置いて温めてから飲み込むようにすると、胃が冷えにくくなるのでおすすめです。

 

改善策⑤ミキサーを買い替える

あまりにも安物のミキサーを使っている場合、野菜や果物がうまく砕けず粒が大きくなり飲みづらいスムージーになってしまいます。

ミキサーによってスムージーの質がかなり変わるので、これからスムージーダイエットを長く続けるつもりなのであれば、少し良いミキサーの購入を検討してみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

スムージーがまずいと感じるのには、材料や作り方が原因になっていることが多いです。

今回紹介した改善策を実践して、スムージーダイエットをより楽しく行っていきましょう!

-スムージーダイエット
-, , , , , , , ,

Copyright© スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ , 2020 All Rights Reserved.