スムージーの情報を発信しています!美味しいスムージーを飲んで楽しくスムージーダイエットを成功させよう!

スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ

スムージーダイエット

ダイエットに逆効果?スムージーに入れてはいけない食材10選

更新日:

スムージーは、好きな野菜や果物を使って作ることができ、豊富な栄養を摂取することができるダイエットドリンクです。

好きな材料を使うことができる!と言っても、野菜や果物ならなんでも入れて良いというわけではありません…。

入れるものによってはダイエットの効果を薄めてしまう場合があるので、入れていいもの・入れてはいけないものをしっかり把握してスムージーを作りましょう。

今回は、スムージーに入れてはいけない食材を紹介していきます!

 

入れてはいけないもの①キャッベツ

実際にキャベツを使った野菜ジュースやスムージーなどは多く商品化されていますが、キャベツにはでんぷん質が多く含まれているためスムージーには避けた方が良いでしょう。

でんぷん質は、特に果物と組み合わせてしまうと食べ合わせが悪く、消化不良を起こしてしまう可能性があるのでダイエットには不向きです。

 

入れてはいけないもの②にんじん

キャベツと同様にんじんも野菜ジュースやスムージーにとって定番の野菜だと思われがちですが、でんぷん質を多く含んでいるため避けた方が良いでしょう。

 

入れてはいけないもの③白菜

白菜は鍋料理や野菜炒めなどに良く使われる定番野菜ですが、でんぷん質だけではなく糖質も多く含んでいるのでダイエット用のスムージーには不向きです。

 

入れてはいけないもの④ナス

夏の定番野菜ですが、ナスは水分量が少ないためミキサーで粉砕することが難しい野菜です。上手くスムージーを作ることができません。

また、皮には糖質も多く含むため、スムージーに入れるのは避けた方が良いでしょう。

 

入れてはいけないもの⑤ズッキーニ

ズッキーニは水分量が高く栄養素も豊富に含まれているため、スムージーに向いていると思われがちですが、でんぷん質も多く含んでいるため不向きです。

また、実や皮が硬いため、ミキサーで粉砕しきれない可能性もあります。

 

入れてはいけないもの⑥じゃがいも

じゃがいもやさつまいもなどの芋類は、一見スムージーに入れると美味しそうではありますが、でんぷん質を多く含むので避けた方が良いでしょう。

 

入れてはいけないもの⑦トウモロコシ

トウモロコシは水分量が多くスムージーに入れるとコーンスープのようになって美味しそうですが、でんぷん質を多く含むため避けた方が無難です。

 

入れてはいけないもの⑧レタス

レタスはみずみずしく栄養素も高いためスムージーに入れてもよさそうな野菜だと思われる食材のひとつですが、繊維が硬くミキサーでも粉砕しきれない可能性があるので避けた方が良いでしょう。

細かく粉砕できる高性能のミキサーであれば入れても問題はありませんが、避けておいた方が良い野菜であることは覚えておきましょう。

 

入れてはいけないもの⑨カボチャ

カボチャは加熱しないと消化できない食材のため、生の野菜や果物を使って作るスムージーには不向きです。

 

入れてはいけないもの⑩砂糖

スムージーを飲みやすくするために砂糖を入れる方がいますが、これは絶対にNG。

砂糖は炭水化物で糖質を多く含むため、ダイエット目的のスムージーには不向きです。

もしスムージーを甘くして飲みやすくしたいなら、砂糖ではなくはちみつを入れて調整してみると良いですよ。

 

まとめ

入れていいものだと思っていたのにダメだったんだ!そんな食材が多くあったのではないでしょうか?

入れる食材によって、スムージーのダイエット効果や美容効果が薄れてしまう可能性があるので、スムージーを作る際の材料選びには特に気をつけてくださいね。

-スムージーダイエット
-, , , , , , ,

Copyright© スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ , 2018 All Rights Reserved.