スムージーの情報を発信しています!美味しいスムージーを飲んで楽しくスムージーダイエットを成功させよう!

スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ

スムージーダイエット

成功率上昇!スムージーダイエットの5つの正しいやり方

更新日:

芸能人やモデルもご用達の「スムージーダイエット」

テレビや雑誌などで紹介されることも多く、人気のダイエット方法として知られていますね。

とは言え、スムージーダイエットは間違ったやり方をしてしまうと、減量失敗やリバウンドなどに繋がるので注意が必要です。

スムージーダイエットを成功させるためには、“正しいやり方”で実践していくのが重要!

今回は、スムージーダイエットの正しい5つのやり方を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

好きな野菜と果物で作る!この概念はNG!

スムージーダイエットは、
「スムージーダイエットは好きな野菜と果物をミキサーで混ぜるだけだから簡単♪」
と思われがちですが、野菜や果物ならなんでも入れていいというわけではありません。

スムージーダイエットを正しく実践するためには、第一に“スムージーを正しい方法で作る”のが重要です。

 

①「でんぷん質」を多く含む野菜は入れない!

「でんぷん質」を多く含む野菜は、果物との相性が良くないので入れないようにしましょう。

「でんぷん質」を多く含む代表的な野菜は、

  • じゃがいも
  • さつまいも
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • きゃべつ

などです。

特ににんじんやきゃべつなどは野菜ジュースなどにもよく使われており、「身体にいいかも♪」と思いがちでスムージーに入れてしまう方が多いので要注意です。

 

②牛乳や豆乳ではなく「水」で割るのが基本

スムージーと言えば、美味しく飲むために牛乳や豆乳で作る方が多いのですが、本来は「水」で作るのが正しいやり方です。

なぜなら、栄養素が吸収されにくくなってしまうから。

「水」だけでは飲みづらいと感じる場合は、果物6:野菜4の比率でスムージーを作ると飲みやすくなるのでおすすめです。

 

③野菜や果物は常温の状態でミキサーにかける

野菜や果物は冷蔵庫から出してすぐの冷えた状態のものを使うのはNG。

常温においてからミキサーにかけるのが正しいやり方です。

冷えた野菜や果物を使ったスムージーを飲むと内蔵を冷やしてしまい、冷え性や便秘になってしまうので注意してくださいね。

 

④野菜や果物は皮がついたままで使う

本来、野菜や果物には実より皮の方が栄養が豊富に含まれているのをご存知でしたか?

そのため、皮をむかずにミキサーにかけることでダイエットと美容に効果的なスムージーを作ることができます。

 

⑤空腹時に作りたてのスムージーを飲む

人の胃は、空腹時こそ良く働き、栄養素の吸収率を高めます。

栄養素が分解してしまう前に、作りたてのスムージーを空腹時に飲むのが一番いい方法です。

スムージーは、1日に1~2リットルを目安に飲むようにしましょう。

 

まとめ

今回は、スムージーダイエットの正しいやり方を紹介しました。

正しく実践することで、よりダイエット効果を発揮することができます。

ぜひ紹介した情報を参考にしながらスムージーダイエットに励んでくださいね♪

 

 

-スムージーダイエット
-, , , ,

Copyright© スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ , 2020 All Rights Reserved.