スムージーの情報を発信しています!美味しいスムージーを飲んで楽しくスムージーダイエットを成功させよう!

スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ

スムージーダイエット

手間はかかれど効果は抜群?手作りスムージーのメリット・デメリット

更新日:

気軽に行えるダイエット方法として人気を集めるスムージーダイエット。

スムージーには、手作りと市販のものがありますが、これらにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

手作りの方がダイエットや美容に良い!と思われがちですが、実際のところどうなのでしょうか?

今回は、そんな手作りスムージーのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

手作りスムージーのメリット①自分の希望に合わせたオリジナルスムージーが作れる!

手作りのスムージーの場合、野菜や果物など自分の好きな食材を使って作ることができるのは一番のメリットと言っていいでしょう♪

便秘を解消したい、冷え性を改善したい、脂肪燃焼効果を高めたい、そう言った自分の希望に合わせて食材の割合を考えることもできてとても便利です。

 

手作りスムージーのメリット②野菜や果物の栄養を直接摂取できる!

手作りスムージーの場合、さまざまな野菜や果物を好みに合わせてチョイスすることができます。

本来、成人の人間が摂取しなければいけない野菜の量は1日に350g以上と厚生労働省に決められていますが、この量は普通ではなかなか摂取できるものではありません。

野菜や果物をそのまま食べるのは時間がかかってしまいますが、手作りスムージーなら簡単に野菜と果物の栄養を摂取することができます。

 

手作りスムージーのメリット③野菜嫌いの方でも美味しく飲める!

大人になっても野菜嫌いの人って多いんですよね…。

でも、そんな方でも手作りのスムージーなら美味しく野菜を摂取することができます!

例えば、子供に苦手な野菜を食べさせるときなど細かく刻んで料理に入れることがありますが、手作りスムージーもその要領と同じです。

ミキサーで野菜や果物を細かく攪拌するため、苦手な野菜も美味しく摂取することができます♪

 

手作りスムージーのデメリット①意外とコスパがかかる!

スムージーダイエットは低コスパで実践できるという声もありますが、実際手作りをするとなるとそれなりの費用がかかってしまいます。

まず第一にミキサーが必要になりますし、1杯のスムージーを作るだけでも複数個の野菜や果物を購入しなければいけないため、思っているほどお金がかかってしまうのです…。

 

手作りスムージーのデメリット②日持ちしない!

粉末のスムージーなどであれば日持ちは可能ですが、手作りスムージーだとできるだけ作ってすぐに飲まなければいけません。

生の野菜や果物は時間が経つと酸化してしまい、変色したり、栄養が失われたり、味が落ちてしまったりと、良いことはありません…。

日持ちしなければ作り置きもできないので、少しばかり面倒です。

 

手作りスムージーのデメリット③胃腸の働きが鈍くなる!

手作りのスムージーは、野菜や果物を粉砕してシャーベット状にしたものです。

流動食と変わりがなく、胃腸へ負担をかけることがないので良いのですが、飲みすぎてしまうと反対に胃腸の働きを鈍くしてしまうことがあります。

胃腸本来の働きが悪くなってしまうとさまざまな病気の原因になることもあるので、飲みすぎには注意したいところですね。

 

まとめ

今回は、手作りスムージーのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきました。

メリット・デメリットとそれぞれありますが、全体的にスムージーはダイエットや美容には効果のある飲み物です。

今回紹介した特徴を良く理解した上で、気を付けながらスムージーダイエットを行っていってくださいね。

-スムージーダイエット
-, , , , , , , ,

Copyright© スムージーダイエット研究所|ぽんchanブログ , 2020 All Rights Reserved.